漫才・漫談・コントの違いや歴史を知るサイト

漫才・漫談・コントの歴史・特徴・違いなどを知るサイト

漫才の歴史について

発祥は近畿地方と言われています。
新年に家内繁盛や長寿を祈る神事として古くから行われていた「万歳」(二人組で、片方が太鼓を叩き、もう片方が歌を唄う)から発展し、二人の軽妙な掛け合いに特化していったのが現在に続く漫才の原型です。
昭和初期にあの吉本興業がこの「萬歳」と呼ばれていた話芸に「漫才」と名付けたのが、この名前の始まり。
大正末期には「エンタツ・アチャコ」のコンビが会話のみのしゃべくり漫才スタイルを確立し、これが大人気となり、現在もエンタツ・アチャコは現在に続く漫才の基礎を発明した元祖として賞賛と尊敬を集めています。
その後、戦災を生き残った漫才師たちはテレビ・ラジオ時代に適応し、人気を集め続け、80年代初頭には漫才ブームが興り「B&B」や「ツービート」「紳助・竜介」が全国区で人気を博し、それが80年代後半の第三次お笑いブームで漫才のスタイルは更に多様化を見せ、現在に至ります。

漫才の特徴を知る

漫才の特徴は、基本的には「二人一組の掛け合いで笑わせる」というスタイルだと言えますが、もう一つあります。
それは「柔軟性とストイックさ」です。
「ボケ」と「ツッコミ」という役割で進行されるという点は昔から変わっていませんが、ボケとツッコミが複数人いたり(2人組とは限らないということ)、ボケとツッコミが入れ替わったり、役割が曖昧になったり、と、衣装や小道具への制限が緩い事もあり、観客を笑いに誘うパターンが多様に存在するのです。
また、しゃべくり漫才のように話だけで勝負する事もできるし、ボケの破天荒さでインパクトを与える事もできるので、テレビでもラジオでも映えるということになります。
こうした柔軟性と、しかし最終的には「ネタと演者の面白さ」に尽きるという筋の通った点が、漫才の強さ、特徴だと言えます。